武漢海鮮市場ってどんなところで何が売ってるの?価格や動画もご紹介!

スポンサードリンク

 

 

こんにちは、りんごです。^^

 

新型コロナウィルスによる、感染者や死亡者の数が毎日報道され、一向に鎮静化する兆しが見えません。

 

相変わらず店頭にマスクはありませんし、私の住む関西にもあらたに感染者が出たというニュースも目にしました・・

 

主人の会社でも取引先の中国企業の担当者が感染し亡くなられたそうで、とても驚いていました。

 

今後、いったいどうなって行くのでしょうか?オリンピックへの影響も気になるところです。

 

新型コロナウィルスの感染源として、連日その名前が報道されている「武漢華南海鮮市場」

もう名前を憶えてしまいましたね。

 

ここでは、そんな「武漢華南海鮮市場」は一体どんなところで何が売っているのか?調べてみました。

 

スポンサードリンク

「武漢華南海鮮市場」とは

コロナウィルスの発生源なのではないかと、一躍有名になった「武漢華南海鮮市場」、現在はもちろん閉鎖されていますが、

これまでどんなものが販売されていたのでしょうか?

感染源はコウモリではないか?という説があげられていますが、まだその真相は明かされていません。

また

『最初期の感染者4人のうち3人が新型ウイルスの感染源の疑いがある「華南海鮮市場」に出入りしていなかったことがわかった。』

引用:https://toyokeizai.net/articles/-/328145

 

という、情報もあるので一概に「武漢華南海鮮市場」が根源のように扱うのはどうかと思いますが

純粋な興味で、どんなものが販売されていたのでしょうか?

 

中国では野生動物を調理して食べる事は珍しくないと言いますよね。

ネット上に広まっているこのリストをよく見かけますが、その真偽はさておきリストに並商品は

 

 

・ロバ
・ヒツジ
・ブタ
・アナグマ
・タケネズミ
・クジャク
・ヤマアラシ
・ワニ
・ジャコウネズミ
・ニワトリ
・キジ
・ヘビ
・キツネ
・ラクダ
・ウサギ
・マーモット
・コウモリ
・シカ
・スズメ
・イノシシ
・クマ
・ムジナ
・ベンガルヤマネコ
・水鳥
など、100種類以上・・

など・・

中国の貨幣は「元」で、今日のレートは1元が15.71 円でした。

どのような状態で販売されているのかにもよるのですが中国語がイマイチよくわからないので

単純に1元=15.73円として掛け算して、先程のリストに照らし合わせると

 

・クジャク・・・7870円
・ラクダ肉・・・471円
・ネズミ・・・1289円
・ドクヘビ・・・3456円
・ハクビシン・・・2042円

といったお値段になりました。

 

広東省、2018年の外資系企業従業員の平均年収は8万2,393元という情報があったので

外資系に勤めるという事は裕福な層かと思いますが

その収入の平均が日本円で125万くらいです。

 

月収にすると10万くらいとなるので、単純に考えるとクジャクはめちゃくちゃ値段が高い事がわかりますね。

 

また、野生動物の販売以外にも

・コウモリを煮込んだスープ
・ヘビ肉料理
・焼きムカデ料理

などの販売もされていたという情報があります。

 

こちらの、市場内と思われる動画があり、文化の違いを肌で感じます。

 

中国は広大なので、中国人全員がこのような食文化をしているわけではないと思いますが

私たちが想像する、市場の概念がひっくり返りますね。^^‘

 

人口もけた違いに多い中国全土を、規制する事は簡単にはいかないでしょうが

今回の件で中国政府も何かしら対策を打たないことには、世界からの非難は避けられないでしょう。

 

既に、初動捜査が遅く、情報の公開も遅かったという事実で避難はされていますが・・

 

スポンサードリンク

 

武漢市とは

正確な名称は「武漢華南海鮮卸売市場」といい、日本との位置関係はこのようになっています。

「武漢華南海鮮卸売市場」がある武漢市は、中華人民共和国湖北省に位置する商業都市で、世界史の授業でもよく耳にした長江の中流域にあります。

 

武漢市の面積は日本の広島の面積と同じくらいの大きさです。私たちの市の概念を大きく超えるもので、広大な中国、広さの桁が違いますね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

美蘇(@miso_meisu2)がシェアした投稿

武漢市は美しい建物が並ぶ美しい街並みで、花も緑も豊か、人口も非常に多い大都市です。

私も含めて、コロナウィルスのニュースで初めて武漢の名前を知った方は、武漢市がどれくらいの街なのか?

ぴよちゃん

田舎なのか、それとも都会なの?

 

イメージがわかなかったので、中国に何度か出張経験のある方に効くと、武漢市は日本でいう「名古屋のような位置づけの都市」

と分かり易く教えてくれました。

 

もちろん街の規模は全然違うと思いますが、武漢が中国の主要都市である事がわかりますよね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

多分最初で最後の休み #武漢観光#死ぬほど暑い#とりあえずあつい#まじで暑い

Hiroyasu Ishikawa(@hiroyasu25)がシェアした投稿 –

また、武漢市は『点心』『小吃』と呼ばれる料理が有名です。『点心』と聞くだけで、セイロが頭に浮かびますが、

『点心』自体は中国料理の軽食の総称です。そして、『小吃』は屋台で食べる中華の一品料理のことで、朝食に適したものが多く、『朝食の都』と呼ばれています。

 

 

 

朝から、屋台で中国粥を食べてる風景とか目にしますよね。本場の点心、死ぬまでに食べてみたいです。

 

早くこの新型コロナウィルスが終息して、日常が戻って欲しいですよね。

ここまで読んで下さってありがとうございました。^^

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA