男性用日傘選び方のポイントは?人気の折り畳みや完全遮光3選をご紹介!

 

こんにちは、りんごです。^^

相変わらず、暑いですね。

もう日差しがヤバすぎて、出掛ける気にもなりません。

 

毎朝、仕事に行く旦那様に尊敬の念を抱いてしまいます。

 

そんな旦那様は、職場が遠く電車とバスで通勤しているのですが

電車とバスの乗り継ぎの連絡が悪く

この暑さの中いつもバス停でバスが来るのを待っているのですが

さすがに、倒れそうになる・・

と漏らしたので、とにかく私の日傘を持たせる事にしました。

 

女性用ですが、そんな事は構ってられず

意外にも変な目で見られないと言ってました。

 

この暑さ、男性が日傘をさしたって、誰も変な目でみません。^^‘

寧ろ、私は好感度を持ちますし、安心です。

 

いつまでも私の日傘では忍びないので

メンズの日傘を買うべく、いろいろ調べみました。

 

スポンサードリンク

 

 

男性用日傘の選び方は?

 

若い方などは、日焼け対策で買う方もいらっしゃるかと思いますが

ビジネスマンが購入する目的はやはり、熱中症対策ですよね。

 

仕事に行くのに帽子を被る事こそ変ですもんね。

 

うちの主人のように通勤時や

営業職の方であればお得意さんを回ったりする時

また、もともとアレルギー体質で日差しに弱い方など、

日傘は非常に有効です。

 

これまで、日傘=女性のもの

という偏見?があったの男性に日傘が根付かなかった理由ですが

最近は”日傘男子”や”ビジネス日傘”なる言葉もあるくらいです。

<男性用日傘を選ぶポイント>

 

・きちんと日差しを遮る性能があるか?

・持ち運びに適しているか?(重さ)

・耐久性はどうか?

・大きさはどうか?

 

遮光性について

 

日傘の遮光性は購入するうえで最重要なポイントです。

同じ買うのであればやはり「完全遮光」は必須です。

 

ここで注意点があるのですが「完全遮光」や「遮光率100%」という日本語は

メーカーが考えた宣伝文句であって

『完全遮光』や『遮光率100%』という言葉には、何の基準も取り決めもないそうです。

 

正確には紫外線を100%遮光する事は、傘の形状や縫製の加減などで

100%という訳にはいかないようです。

 

日本工業規格(JIS規格)試験に基づくと

・遮光率が99%以上の生地を使用した日傘を『遮光傘』

・遮光率が99.99%以上の生地を使用した日傘を『一級遮光生地』

と定義するそうです。

 

なので遮光性という点であれば「遮光率99%」という商品が

「遮光率100%」と宣伝している商品より

劣るのか?というと決してそうではありません。

 

寧ろ、規定に即して表示している正しい例です。

特に「完全遮光」だけをうたった商品には注意が必要です。

 

また、照り返しの光を防ぐ為にも、傘の内側が黒いものを選びましょう。

 

持ち運びに関して

 

これは、個人的な感覚ですが

ビジネスマンの方であれば折り畳みの日傘の方が

重宝すると思います。

 

折り畳みだと出し入れが面倒だという声が聞こえて来そうですが

常に長傘タイプの日傘を持ち歩く方がよっぽど邪魔ではないでしょうか?

電車の中やお店の中に忘れてしまう可能性も高いです。

 

女性でも、折り畳みの日傘と長傘タイプの日傘を使い分けている方も多いと思います。

かばんに仕舞えるくらいに折り畳み日傘は一つあると重宝しますよね。

 

男性の場合も、まずは折り畳みの日傘で様子を見られるのをお勧めします。

 

耐久性はに関して

 

安い日傘=耐久性に乏しいと考えて問題ありません。

 

日傘の遮光性は傘の内側に遮光スプレーを塗布する方法と

遮光シートを貼る方法があるようなのですが

 

遮光シートを貼る仕様の方が耐久性もあり、コストもかかります。

ですが、シートが破れるまで遮光性能が続きます。

 

逆に遮光スプレー仕様の日傘は、

安価な加工で出来るので値段が安いのですが

使用しているうちの摩擦などで剥がれてしまいます。

 

また、耐久性は構造によるところも大きいので、

耐久性を求めると重くなってしまうのが事実です。

 

日傘の重さと耐久性、どれくらいのバランスで求めるか?

ご自身が求める優先順位はいかがででしょうか?

 

大きさについて

 

傘が大きければ大きいほど、遮光される面積が多くなり

快適だとは思いますが、大きければそれに比例して重さも重くなり

持ち運びのストレスが生じます。

 

またあまり大きいツバの傘は、周りの方の迷惑にもなるので

それも考慮して選びたいですね。

 

スポンサードリンク

 

おすすめの3つをご紹介

以上を踏まえて、私がお勧めするのはこちらの3つ。

 

 

超軽量でありながら、その性能は価格以上と評判のこちらの日傘は

撥水効果も高く、少々の雨ならこちらで対応可能です。

 

軽量ながら三層構造なので遮光性は高く、

うちの旦那様もこれを選びました。

 

ただ軽量なので、強風には弱いのがデメリットですが

メンズの日傘では小さめなサイズがあまりないので

軽さと性能を求める方にはオススメです。

 

 

 

総合的にみてバランスの良い1品がこちら。

自動開閉機能が付いているので折り畳みに煩わしさがありません。

また、折り畳みですがサイズは大きめで、丈夫な作りが特徴です。

軽さよりも、しっかした折り畳みが欲しいと言う方にオススメです。

 

amazonで日傘を見てみる

トータルしてコスパが良いのがこの日傘。

自動開閉機能付きで、かなりコンパクトになります。

軽量とは言い難いですが晴雨兼用なので

日傘デビューには適した1品ではないでしょうか?

 

 

この夏は、日傘とセットで携帯扇風機をお持ちビジネスマンもいらっしゃるようです。

 

 

 

まとめ

 

男性向けの日傘の選び方についてまとめさせて頂きましたが

いかがでしたか?

まだまだ暑い日が続きます。

迷わず、日傘の購入をお勧めします!

 

ここまで読んで下さってありがとうございました。^^

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA