フェルメール作品[恋文]はどんな絵?見どころ/鑑賞ポイントやグッズも

こんにちは、りんごです。^^

 

前回は東京で行われていた『フェルメール展』が大阪にやって来るという内容で書かせて頂いたのですが

[フェルメール展大阪2019]東京との違いは?所要時間やチケット入手も

 

今回は、この『フェルメール展大阪2019』で、唯一大阪でのみ展示される『恋文』というフェルメールの作品にフォー―カスしてみようかと思います。^^

 

大阪でしか展示されないっと聞くと、なんだかめちゃくちゃ気になりませんか?^^

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

フェルメール作品の『恋文』ってどんな絵?

 

今回大阪でのみ展示されるという『恋文』はこちら

 

この『恋文』という作品は、1971年にブリュッセルで盗難に遭っている作品。

盗難した犯人からの要求は『パキスタン難民に140億円の寄付をしろ!』というもの

犯人と作品はすぐに見つかったそうですが、損傷が激しく修復せざるを得なかったそうです。

 

ちなみに、大阪展で展示される予定のフェルメール作品は

この『恋文』のほかに

 

 

『取り待ち女』(日本初公開)

 

 

 

『手紙を書く女』

 

 

 

『手紙を書く貴婦人と召使』

 

 

 

『マルタとマリアの家のキリスト』

 

 

 

『リュートを調弦する女』

 

 

『恋文』の背景や見どころ/鑑賞ポイントは?

 

『恋文』は、1669年から1670年頃に制作された油彩画で、現在はオランダのアムステルダム国立美術館に所蔵されています。

当然ながら、今オランダのアムステルダム国立美術館に行っても、この絵は留守ということになりますね。

 

はるばる、オランダからやって来た『恋文』は、その構図が非常に特徴的で有名です。

 

恋文を受け取り戸惑う女性とその召使との関係を隣の部屋からのぞき見しているような構図

自然とその二人に視線が行くように手前は暗く、奥行きのある明るい空間に構成されています。

 

女性が居る部屋や覗いている側の部屋も、掃除が行き届いておらず、

洗濯ものやほうきが、出しっぱなしになっている部屋は、

女性が恋愛にうつつを抜かしている様子を表していると言います。

 

 

【フェルメール/2019年壁掛けカレンダー】

 

 

フェルメールが生きた時代のオランダは『オランダの黄金時代』と呼ばれる程に栄え

多くの市民家庭が中流階級、またはそれ以上の暮らしが出来るほどに豊かな時代でした。

そして、商業の発達に伴い郵便制度も発達し手紙やラブレターのやりとりが流行したそうです。

 

女性と召使いの日常を切り取ったような作品は

恋愛にうつつを抜かせられるほど、当時のオランダが豊かで平和だった象徴のようです。

 

フェルメールの作品には、手紙の他に

絵の中で女性が手にしているシターンという楽器、真珠のアクセサリーがたびたび登場しますね。

 

中でもシターンは、恋愛を暗示する楽器だそうです。

また、作品の中で召使いの後ろにある絵画は、旅人を表していて女性の恋人が遠くにいる事を暗示していると言われています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

グッズについて

 

今回の『フェルメール展』はグッズがめちゃくちゃ可愛い、充実しているとの書き込みを多く見かけます。

こちらのバッグも可愛いですね~。^^

 

こちらは、フェルメールの作品『牛乳を注ぐ女』とミッフィーがコラボしたという『牛乳を注ぐミッフィー』(笑)

めちゃ可愛い~。

 

『牛乳を注ぐ女』ミルクキャンディーに、『牛乳を注ぐ女』マスキングテープ。

 

 

図録やポストカードはもちろん、缶バッチや、スマホケース、Tシャツもあるようですね。

面白い~。

 

こんなワインまで!

 

 

女優の長澤まさみさんが主演する映画『コンフィデンスマン』(5月公開)とのコラボグッズも、話題です。

 

『牛乳を注ぐミッフィー』は非常に人気で、東京では会期中一時、品切れ状態になった時期もあったそうです。

大阪展でも人気なのではないでしょうか。

欲しい方は、見つけた時に購入されるのが良いですね。

 

 

 

 

 

【牛乳を注ぐ女/全機種対応スマホケース】 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

大阪での『フェルメール展』が、とても楽しみになりますね!

 

グッズが思っていた以上に可愛いので、私もすごく気になります。

 

大阪での『フェルメール展』は5月12日までです!

初日&最終日は混雑が予想されます。

 

皆様の参考になれば嬉しいです。

ここまで読んで下さってありがとうございました。^^

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA