ヒルナンデス(1月17日)で紹介されたカレー店は?家庭で作るポイントも

こんにちは、りんごです。^^

今日は仕事が休みだったので、久しぶりにテレビを付けながら家事をしてました。

 

家事をしながらテレビを見る事ってあまりないのですが、今日はたまたま「ヒルナンデス」が付いてて何気に見てるととっても美味しそうカレー屋さんが出てきたんです!

 

今、カレー屋さんて流行ってますよね~。

昼間だけ店舗を借りてやってたりとか・・。

 

今日取材していたカレー屋さんはなんと80才のおばあちゃんが作ってられました。

詳しく調べてみました~。^^

 

スポンサードリンク

 

カレー店の詳細

 

<インドカレーとんがらし>

住所:東京都世田谷区三軒茶屋1-41-12

電話番号:03-3487-1401

営業時間:月,火,木~日 11:30~20:30

定休日:毎週水曜日

アクセス:東急田園都市線/三軒茶屋駅 徒歩2分 

 

 

インドカレー『とんがらし』のオーナーは世田谷カレー界の母とも言われている80歳の石川喜代子さん。

喜代子さんがカレー屋さんを目指されたのはなんと58歳の時なんです。

 

とんがらし -

 

喜代子さんは、当時有名だった漫才師のお弟子さんとご結婚されたのですが、お弟子さんゆえ収入は乏しく、喜代子さんは離婚を決意され、シングルマザーに。

お金を稼ぐ為に、銀座のクラブで働かれました。そして働いて貯めたお金で目黒にご自分のお店(バー)を開かれます。

 

ちなみに、このお店がオープンされる時には野球の王監督からもお祝いの花束が届いたそうです。

 

その後、喜代子さんは料理好きなこともありお弁当屋さんを始められるのですが、立地が悪く1か月で辞めたそうです。ショックで1週間寝込んだそうなのですが、その時にふと、「カレー屋をやろう!」っと思ったそうです。

 

っというのも仕事で取引している業者さんが、「カレーは売れ残りの廃棄量が少ない・・」っと以前聞いたことがあったからっと。

 

確かに! そんな気もしますね。^^

 

そして、58歳の時にインド人のご夫妻に弟子入りしたそうです!!

すごい、バイタリティー!

 

看板メニューの豚バラ軟骨カレー(900円)は豚バラがホロホロして超柔らかい食感で、脂身がなくさっぱり。

とんがらし - 豚ばらホロホロ状態

 

花びらたけカレー(900円)などが紹介されていました。他にも、ホウレンソウチキンカレー(900円)、キーマカレー、(900円)、テイクアウトも出来ます。

カレーに付いてくる、サラダ&デザートもとても美味しいと評判です。

 

八時間煮込んだ豚バラ軟骨を、一日置くと上澄み部分に脂がたまり、固まるんですがそれを丁寧に丁寧に取るそうです。10㎏の豚バラから2㎏の脂が出るそうです。

 

 

スポンサードリンク

家庭で作るポイントは?

豚バラ軟骨を8時間かけて煮込む作業が家庭で出来るのかは、ん~~っ?ってとこですが、

家庭で作るカレーの参考になるかもしれません。

 

実際のカレーは8時間煮込んで、脂を取り除いたスープにトマト缶、ホウレンソウ、スライスしたニンニク、しょうがを加え、その後ブイヨン,、黒砂糖も追加、調合されたスパイスを投入して完成。

調合したスパイスは9種類。(カイエンペッパー、ガラムマサラ、コリアンダーなど・・・)

 

 

【選べるオリジナルカレーパウダー、レシピ付き/インドカレー/スパイス】

 

 

家庭の味にガラムマサラを加えるだけで、グッと味に深みが出るそうですよ。

 

【ガラムマサラ スパイスミックス 100g/インド料理】

 

私も一度作ってみたくなりました~。^^

 

豚バラ軟骨って、どこにあるんだろ??^^‘

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

80歳の現在でもお元気にお店にたたれている姿がとても印象的でした。

そして全て1人でされています。定休日は1日だけ!

 

私、介護職の経験がありますが、80歳であんなに元気でユーモアがある方は見た事ありません。

 

素晴らしいですね。

自分の作ったカレーを食べにお客さんが来ること、お客さんと接することが元気の秘訣でもあるでしょうね。

 

まさに生き甲斐ですね。

私も、食べてみたいなぁ~。^^

ここまで読んで下さってありがとうございました。

 

こちらもカレー店の記事なので良かったらどうぞ。

 

斎藤絵里[情熱大陸1月6日放送]の経歴やカレー店の場所は?値段も!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA