井戸知事/井戸敏三の経歴や学歴は?危機感なしの記者会見に怒りしかない!

スポンサードリンク

 

こんにちは、りんごです。^^

昨夜、兵庫県西宮市で初のコロナウィルスの感染者が出たというニュースが報じられました。

急遽、行われた会見では的を得ない質問とどうでも良い情報ばかりに返答する井戸知事。

マスクなし、危機感なしで、終始和やかな雰囲気の記者会見に、県民は怒りと失望しかありません。

 

 

 

自身の地域から、コロナウィルスに感染した人が出たと聞いたら

どういった状況なのか?今後の対応策等、誰しも気になって記者会見を見ますよね。

 

これまで、いくつも都道府県知事がコロナウィルスに関する記者会見を行っていますが、

それと比べると、失望と苛立ちと兵庫県の恥をさらした会見でした。

 

スポンサードリンク

井戸敏三/経歴や学歴は?

<井戸敏三/いどとしぞう>

昭和20年8月10日生まれ(74歳)

兵庫県損保群新宮町出身ですが、小学校3年時に神奈川県に引っ越しています。

新宮小学校在学時に、クラスメートに「行列」でお馴染みだったの丸山弁護士が居たそうです。

 

神奈川県に引っ越し後、東京都立日比谷高等学校に入学

大学は、東京大学法学部に進学し、卒業後に現総務省に入省。

 

1996年から2001年の間、兵庫県副知事を務め

2001年当時の兵庫県知事に辞職に伴い、兵庫県知事選に立候補し当選。

 

以降5回の選挙で当選し続け、在任期間は2001年から現在まで

19年になろうとしています。。

 

エリートコースを進んできた人物ですが、正直兵庫県との所縁は大してありません。

しかも在任期間19年で、現在74歳。

 

もう、若い人に譲りましょう。

 

なんで日本の政治家は老人ばかりなのか・・・

こんなおっさんばかりが、やってるからスピード感もなにもない。

 

スポンサードリンク

 

また、この井戸知事は何かと問題発言しているんですよね。

 

2001年に明石で行われた花火大会でおこった「明石歩道橋事故」

これ、当時私も子どもでしたが報道されていた事をとても覚えています。

明石警察の対応の不手際のせいで、多くに死傷者が出てしまったことに対して

「私には全く関係のない話」と発言しています。

 

この発言にも驚きますがこんな頃から知事をしてるのか!?

と驚きとともに、いまだに現職である事が残念でなりません。

 

 

また、2012年にはNHK大河ドラマを3週間にわたって批判しました。

その内容も

・画面に鮮やかさがなく、薄汚れた感じだった
・もう少し明るい画面にならないものか
・真っ青な海の色が出て来ないのであれば、瀬戸内海と言えるのか?

など、やたら画像の鮮明さにこだわる意味不明な発言をしています。

 

政治家がこんな発言をする必要ありますか?

これって、近所のおばさん同士でする立ち話のレベルの内容ですよね。

 

コロナウィルスの感染が拡大してからは、

現在入手が困難なマスクを独断で中国に寄付してしまっています。

 

私は今回の件で、井戸知事を知ったのですが、

こんな人が5期も当選してる事実が、現在の日本の政治を表していますよね。

 

https://twitter.com/kn_bias_sub/status/1234120030851223552

 

 

今回の記者会見が、県民の皆さんへの良いアピールになったのではないでしょうか?

来年行われている、県知事選挙には必ず行きましょう!!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA