ITそれが見えたら終わり/ペニーワイズが井戸に落ちる前に言った言葉は何?

 

こんにちは、りんごです。^^

今週金曜に放送される「金曜ロードショー」は

「ITそれが見えたら終わり」ですね。

 

うちの子は予告を見ながら、

妹に「これは20歳以上じゃないと見れないで」

と、訳の分からない事を言ってました。(笑)

 

20歳以上じゃなくて、15歳です。

そして地上波なので誰でも見れるように

カットしてありますって!

 

ストーリーに関わるようなシーンの

カットはないと思うのですが、

どこまでカットされているんでしょうね?

この「ITそれが見えたら終わり」

見終わっても?な消化不良な部分も

多くあるようです。

 

スポンサードリンク

 

 

疑問1/ペニーワイズが井戸に落ちる直前に言った言葉は?

引用元:http://eiga.com/movie/86213/gallery/8/

 

ペニーワイズ(殺人ピエロ)は、

自分の事を恐れなくなった子どもたちを

前にして、井戸に落ちて行くのですが

この時発している言葉は

「FEAR」(日本語で恐怖)

 

ペニーワイズにとっての大好物はこども。

しかも怯える姿は最高のスパイスなのです。

 

成長して自分の事を怖がらなくなった

こどもは、自分にとって「恐怖」なのでしょうね。

 

疑問2/「IT」ってそもそも何の事

「IT」(それ)とは、

ペニーワイズの事だと私は解釈しています。

 

ペニーワイズに遭遇した子どもたちが

それぞれ共通して”奴”とか”あいつ”

と呼び合ってやっつける為に

団結を固めて行くストーリーなので・・

 

スポンサードリンク

 

疑問3/ペニーワイズの正体は?

  

原作では、「IT」ペニーワイズの正体は大昔

別の宇宙からやって来た邪悪なオレンジ色の

光だったそうです。

 

その光には意識があり地球にやって来て

舞台となるデリーに住み着きます。

 

そして同じ場所にアメリカ人がやって来て

開拓し暮らし始めたという設定になっています。

 

地球上ではピエロの姿をしていますが、

体の奥にはオレンジ色の空間が広がっていて、

実体はなく、襲う相手に見せているのは幻影

みたいなものだと言えます。

 

ペニーワイズの核のような存在の

オレンジ色を見てしまった者は、恐怖で

心が破壊され死んでしまいます。

 

現在公開中の完結編

「IT/ THE END “それ”が見えたら、終わり」

でも、口が裂けた顔を披露しており

その裂けた口の中はオレンジ色の光で

発光している演出があるそうです。

 

やはり、ペニーワイズの核ともいうべき

オレンジ色がキーになっているんですね。

 

正体を知ると、SFっぽく感じてしまい

イメージがついていきませんね。^^‘

 

 

 

 

疑問4/べヴァリーが薬局で買おうとしていたものは

これは、生理用品ですね。

思春期を迎え精神的にも大人へと成長する

過渡期にあるこどもたちには

それぞれ悩みがあります。

 

紅一点のべヴァリーは

父親から性的虐待を受けており

世間からアバズレ娘的な扱いも受けています。

 

早く大人になって親の元を飛び出したい

気持ちと大人に近づくにつれてどんな

虐待が待っているのか、

という不安との葛藤を象徴しているシーンですよね。

 

父親の性的興味を少しでもそらすために

髪をショートにして子どもなりの防護している

精一杯の抵抗が、胸を打ちます。

 

 

 

疑問5/べヴァリーが死ななかったのはなぜ?

べヴァリーは自分に性的虐待を加える

父と対決します。(殺してしまいます。)

恐怖を克服したべヴァリーを

ペニーワイズは完璧に操る事が出来ません。

 

その為、イットの放つオレンジ色の光線を

直視しても仮死状態にするのが

精一杯で完全に浮き上がらせる事が出来なかった

のではないでしょうか?

 

 

 

疑問6/ビルがジョージをペニーワイズだと見破ったのは何故?

ビルはペニーワイズが化けた

ジョージの姿を見破ります。

 

ペニーワイズにしてみれば、

ジョージはここ一番の武器だったに違いありません。

 

ですが、ビルが見破る事が出来たのは

これまで騙された経緯があります。

 

またデリーで27年おきに子供の

集団失踪が発生している事は事実で

ジョージーもその一人で戻って来る事は

考えられない。

 

だからこのジョージの姿はペニーワイズの

罠だと見破ったのではないでしょうか?

 

まとめ

現在公開中の

「IT/ THE END “それ”が見えたら、終わり」

では27年後、大人になった子どもたちが集まり

再び「IT」と対決する内容となっています。

 

続きが見たくなるのは、

映画配給会社とテレビ局の

罠にハマっている証拠ですね。^^

 

ここまで読んで下さって

ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA