神戸マスクの入荷はいつ?在庫状況や入手店/売切れはいつまで続く?

スポンサードリンク

こんにちは、りんごです。^^

 

連日、新型コロナウィルスの感染者がニュースで報道されています。

 

先日、和歌山県でも新たに4人の感染者が出てとそのうち1名は10代の男性というニュースは衝撃でしたが

昨日は、北海道で小学生の兄弟の感染が報告され、事態がますます悪化していることを感じます。

 

同じ小学校に通わせている親御さんにしてみれば、そんな身近なところまでコロナウィルスに感染するリスクが来ているとう非常事態ですよね。

 

 

電車通勤している主人は、マスクが入手困難なせいなのか?「マスクは役に立たない」という報道のせいなのか?

 

 

以前の通勤電車内はマスクを着用している人がほとんどだったのに

 

最近は誰もマスクをしていないと言ってました。

 

マスクは役に立たない = マスクをする必要がない と、言うわけではありません。

しないよりはする方が絶対に良いと思います。

でもマスクが売ってないんだよ~~~。

ぴよちゃん

ですよね・・

 

私は、たまたま立ち寄ったドラッグストアでマスクの入荷のタイミングに出会ったので、とてもラッキーだったのですが

ラッキーは何度も訪れませんし、いずれ無くなります。

 

ここでは、神戸のマスクの

・入荷時期
・在庫状況

・入手店

に関してまとめてみました。

 

スポンサードリンク

結論

神戸のマスクの状況は結論から申し上げると

・マスクの入荷時期は特定できません。


・医療機関でもマスクが足りていない状況でマスクの入手はかなり困難

 

・マスクは「しまむら」/「美st」の付録 / 通販「ロハコ」が狙い目

 

・品薄状態は4月頃まで続くのでは?

という、結論になります。^^‘

 

詳しく見て行きましょう。

神戸の状況

 

感染者は、北海道・東京・沖縄・愛知・和歌山・奈良・大阪・京都・福岡・・にも確認され、日本の端から端まで広がっています。

 

神戸ではまだ感染者が確認されたという報告はありませんが、

神戸でもいつ、感染者が出てもおかしくない状況です。

 

 

神戸に限らず、潜在的な感染者ってどこにも居そうですよね。

 

 

神戸マスクの在庫状況

全国で不足していると言われているマスク、

神戸でもマスクが品薄状態な事には変わりがありません。

 

今週18日には、神戸赤十字病院でマスか6000枚が盗まれるという事件が起きていた事が報告されています。

 

病院内にあるコンビニでも在庫がない状況です。

 

また、医療機関で働かれている方も、職場からのマスクの配布が滞り、

自身で調達するように・・という状況です。

 

一般の方が店舗で「マスクが買えた。」という情報は、ほんっとにありません。。

 

スポンサードリンク

 

神戸/マスクの入荷はいつ?

 

私もダメ元でドラッグストアで聞いてみたのですが、入荷時期に関しては不定期で店員も読めないとおっしゃっていました。

 

 

 

入荷していても、わずかの少量で陳列後即完売状態。

不足している状況を満たす数では到底ありません。

 

マスクが買えるのはどこ?

これまで神戸でマスクが買えた!という場所をまとめてみました。

 

・神戸市中央卸売市場の業務スーパー

 

・コンビニ

 

どちらも2月初旬の情報なので、現在はもっと入手が困難な状況ではありますが、

幸運にも出くわす事があるかもしれません。

 

 

私が見た、ニュース番組ではドラッグストアやドン・キホーテは購入が困難。

 

家電店や100均の方が入手しやすいという情報がありました。

その他の「穴場」として紹介されていたのがこちらです。

・家電量販店
・無印

・ホームセンター
・KIDDY LAND(子ども用マスク)
・調剤薬局
・DAISO

 

また、先日「ファッションセンターしまむらにマスクが売ってる!という情報がありました。

「しまむら」は確かに思いつきませんでした。

 

https://twitter.com/Y0SHi0KAdesu/status/1230320654857035777

 

また女性ファッション誌美st」3月号にマスクが付録で付いてるのをご存知でしょうか?

 

ネットではもう買えませんが、書店にまだ残ってるかもしれませんので、気になる方は是非!

 

 

 

高値でマスクを買うなら、こちらを買う方が女子には有益でお得ですよね!^^

 

通販の「ロハコ」もマスクが入荷している時があります。

 

 

この時期に手に入れられるなんてラッキーですよね!

 

スポンサードリンク

 

マスクの売切れはいつまで続く?

 

中国では、マスクを1日25万枚生産出来る工場が今週中に完成するそうですが、

日本ではそんな無茶な建設は現実的ではありません。

 

厚生省のHPにはこのような記事があります。

毎週、1億枚以上のマスクを消費者の皆さんにお届けします。

 

 

日本でも24時間体制でマスクの生産はされているとニュースでも報道されていますが、

 

感染者が拡大しているので医療関係従事者に優先的に渡され、一般消費者にまでマスクが行き渡らないというのが現状のようです。

 

マスクの品薄状態は、3月中も続きそうな勢いですよね。

 

コロナウィルスの感染者の数が減って落ち着いたとしても日本人の性格上

・マスクを常備しておこうという動きが続きそうな気がすること。

・花粉症、黄砂、PM2.5など今後もマスクの需要が見込まれること。

が、考えられるので長けれはゴールデンウィーク前頃まで影響があるのでは?

と個人的に思います。

 

こちらのマスクは洗濯可能で経済的です。マスクがないないと探し回るよりも、非常時に備えて1つは持ってても良いですよね。

 

 

 

神戸/マスク状況まとめ

神戸のマスクの在庫状況や販売しているという情報を元にまとめてみました。

情報をまとめると

・マスクの入荷時期は特定できません。


・医療機関でもマスクが足りていない状況でマスクの入手はかなり困難

 

・マスクは「しまむら」/「美st」の付録/ 通販「ロハコ」が狙い目

 

・品薄状態は4月頃まで続くのでは?

確実に感染者が増加している状況なので、いつ自分の住んでる地域に感染者が出てもおかしくありません。

 

無駄な外出せず人混みは避けて手洗いうがいをしっかるする等しか出来ませんが、意識してやっていきましょう。

 

ここまで読んで下さってありがとうございました。^^

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA