黒川伊保子の旦那様やこどもはどんな人?学歴や経歴についても調査

こんにちは、りんごです。^^

 

『妻のトリセツ』というなんとも気になるタイトルの本をご存知でしょうか

【妻のトリセツ/黒川伊保子】 

 

発売後、たちまち26万部突破し、「ザワつく!金曜日スペシャル」や「情報ライブ ミヤネ屋」

「ノンストップ!」「林先生が驚く初耳学!」「スッキリ」「羽鳥慎一モーニングショー」ほか

テレビ・雑誌で大反響を読んでいる本なのです。

りんごは、つい最近知ったのですが、

興味を引くタイトルですよね。

今日はこの『妻のトリセツ』の著者である黒川伊保子さんについて取り上げてみました。

 

スポンサードリンク

 

黒川伊保子さんの学歴&経歴

 

<黒川伊保子>・・・株式会社感性リサーチ代表取締役・人口知能研究社・脳科学コメンテーター

・感性アナリスト・随筆家

 

 

1959年 長野県生まれ、栃木県育ち (現在60歳)

1983年 奈良女子大学 理学部 物理学科卒

 

(株)富士通ソーシアルサイエンスラボラトリにて、14年に亘り人工知能(AI)の研究開発に従事する

 

その後、コンサルタント会社勤務や民間の研究所を経て

 

2003年 (株)感性リサーチを設立、代表取締役に就任。

 

2004年 脳機能論とAIの集大成による語感分析法『サブリミナル・インプレッション導出法』を発表。

サービス開始と同時に化粧品、自動車、食品業界などの新商品名分析を相次いで受注し、

感性分析の第一人者となる。

 

この語感分析法『サブリミナル・インプレッション導出法』とは、

脳は性別と年代によって、それぞれ心地良いことばの音が違うそうです。

それを知る為に、脳のホルモンバランス別の意識を精査し、性別&年代別の脳にとって

心地良い言葉の音を割り出すことを指します。

これによって、ターゲット層に対して相応しい訴求を提案するというビジネスをされていて

マーケティングの世界に新境地を開いた方なのです。

 

ターゲット層別の脳に対して、ピッタリの言葉の音で

商品訴求することが出来れば、売り上げはどうなるのでしょうか?

とても興味深い、そして新しいビジネスですよね。

 

その『サブリミナル・インプレッション導出法』によって、

商品名が名付けられたものに、大塚製薬の『SOY JOY』『ソイカラ』『SOYSH』などが挙げられます。

 

【大塚製薬/SOYJOY】

 

『SOY JOY』食べた事あります! ですが、『SOY JOY』という商品名がそんな画期的な方法を背景に名付けられていたなんて、驚きです。

『SOYJOY』は、私の脳が喜ぶ音なのでしょうか・・・?

実感は湧きませんが・・・^^‘

 

また、男女の脳は作りが違う・・

という事は聞いた事がある方も多いかと思いますが、

まさにその通りで、

男女の脳の機能分析で生じてしまう、夫婦のすれ違いや

解決策をひも解く著書を数多く出版されています。

 

【夫婦脳/黒川伊保子】 

 

そして、黒川伊保子さんの著書『女の機嫌の直し方』がドラマ化され

3月16日深夜24時55分から日本テレビで放送されます!

 

【女の機嫌の直し方/黒川伊保子】 

 


 

ドラマ化されるって、すごいですね!

ネタはいくらでもありそう(笑)^^

 

 

スポンサードリンク

 

黒川伊保子さんの旦那様やお子さんはどんな人?

 

そんな、脳の仕組み知りつくされている黒川さんは、ご夫婦円満なのでしょうか?

とても気になる旦那様の存在ですが

全く情報がありませんでした。。。

が、28歳になるお子さんが居らっしゃるそうです。

そして、ご自分の子育てには脳の理論を確立するのに時間がかかり、活かせなかった・・・

とインタビューで答えてられました。

子どもを産んだとき、私は人工知能の専門家として、脳の機能論を研究する立場。なら、いっそ最高の性能の天才脳に育てようと決心しました。

ただね、天才脳の定義に8年もかかってしまって、当然、うちの子は8歳になってまして(笑)。育て方を確立したときには11歳になっていたかしら。親として脳を育てられるというのは15歳がギリギリなんです。そもそも12歳の段階で大人脳は完成するんです。私自身の子育てというか、脳育てについてみれば、かなり手遅れ。つまり私自身の研究成果は、私の息子には反映できなかったんです。

引用:http://www.wmstyle.jp/archives/2006/08/13_202336.php

12歳で、脳は完成してしまう・・・と聞くと、

もううちの子は瀬戸際です!(泣)

ですが、黒川さんが推奨されている育児の基本は「早寝、早起き、朝ごはん、読書」です。

そして、息子さんにどうしても持って欲しかった能力が『幸福に生き抜く力』だそうです。

とても深い言葉ですよね・・

 

まとめ

いかがでしたか?

脳レベルで、育児をしたらどんな子どもになるのか・・・

とても興味深いですね。

これから出産されるママは、是非とも黒川伊保子さんの著書を読まれてはいかがでしょうか?

 

ここまで読んで下さってありがとうございました。^^

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA