休業要請協力金/三重県の支給はいつ?対象や申請方法.業種も気になる!

スポンサードリンク

 

こんにちは、りんごです。

 

全国に「緊急事態宣言」が出され、各都道府県でその対応が協議されていますが足並みが異なりますよね・・

 

また、同じ都道府県内でも自治体によって独自の手当てを出したりと・・

その自治体の財政や手腕が問われます。

 

今朝、三重県では4月20日から休業要請を出す事を発表しました。

また、その休業要請に応じた企業に対しては、東京都とおなじように

休業要請強力金を支払う事を明らかにしています。

 

ここでは、三重県の休業要請協力金が

・いつ支払われるのか?
・休業要請協力金の申請方法
・対象になる業種

に関して調査してみました!

 

スポンサードリンク

休業要請協力金/三重県の支給はいつ?

地方で、休業要請協力金が支給されるって、すごいですよね!

私は東京だけが特別で地方はみんな泣き寝入りだろう。。と思っていましたが、

 

三重県の対応スピーディーで、驚きました。

また三重県は、政府の「緊急事態宣言」が出される前から県独自の「緊急事態宣言」を出し

隣接する県からの移動自粛を呼び掛けていました。

 

素晴らしい決断力ですよね。

我が家の県は、無難に右に習えの対応ですよ。^^‘

 

 

この三重県の休業要請協力金に関して調べたところ

申請期間は4月27日を~5月27日と発表されています。

 

なので、早い方は「緊急事態宣言」が終了予定の5月6日以降、早い段階で支給される可能性が高いと言えます。

 

休業要請協力金/三重県の支給対象や業種は?

 

三重県の「休業要請協力金」の支給対象や支給業種を見て行きたいと思います。

 

三重県議会議員である、しもの幸助氏のfacebookに、「休業要請協力金」に関した案内が紹介されていました。

 

 

これによると、支給対象になるのは

三重県の休業要請の対象となる県内の施設を運営する中小企業・小規模事業者(個人事業主も含む)で、

県からの協力要請を受け、休業又は営業時間を短縮した事業者

ちょっとわかりにくい表現ですが、簡単に言うと4月22日~5月6日までの間

休業要請に応じた事業者に対しては1事業者辺り50万円が支給されるという事ですね。

 

休業要請の対象となっている業種やお店は

・パチンコ店やナイトクラブ等の遊興施設
・飲食店(営業時間の短縮を要請)
・商業施設

 

※スーパーやコンビニは該当しません

→詳しい対象施設一覧はこちらをご覧下さい

 

また、休業要請協力金の対象となりませんが

コロナの影響でGWの予約がキャンセルになるなどした宿泊施設に対しては

「宿泊延期協力金」を支給すると発表しています。

 

その内容としては、1人1泊のキャンセルで6000円支給して頂けるそうです。

クマくんとぴよちゃん

三重県知事、すごいね!!

 

スポンサードリンク

 

休業要請協力金/三重県の申請方法は?

先程も申し上げた通り、「休業要請協力金」の申請受付期間は

4月27日~5月22日となっています。

ですが、具体的な申請方法に関しては4月27日を目途に発表されるそうなので、

三重県のHPをチェックしましょう。

 

まとめ

三重県独自の「休業要請協力金」に関して

・支給されるのはいつなのか?
・支給対象となるのはどんな業種なのか?
・申請方法はどうするのか?

に関してまとめさせて頂きました。

 

支給時期はまだ明言されていませんが、申請受付期間は4月22日となっているので

三重県がスピード感を持って対応している事が感じられますよね。

 

早ければ5月上旬には支給される出すのではないでしょうか?

 

また具体的な申請方法に関しては4月27日を目途に発表されるとの事なので、

いましばらく待つことにしましょう。

 

 

三重県の取り組み、Twittterでも話題になっています!

この決断力、日本政府も見習って欲しいものですね・・

 

 

ここまで読んで下さってありがとうございました。^^

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA