みみたろうは誰?中身のVチューバーアルハイとは?マツコ会議で話題

こんにちはりんごです。^^

 

先日のマツコ会議でのマツコさんの発言が、Twitterで話題になっていたので見逃し配信を見て納得!

 

なんか珍しく?(笑)、自分にも為になるような回で私も元気をもらい

マツコさんの言葉の言い回しに大きく頷く事ばかりでしたね。

さすが!マツコさんが大人気な理由がわかりますね。

 

さて、次回なのですが・・・

 

次回はこれからますます話題になるであろう『Vチューバ―』を掘り下げる内容との予告でした。

直後に『みみたろう』がマツコ会議に出る!とこれまたTwitterで話題になっていました。

 

『みみたろう』って、何???

状態のりんごだったので、調べてみました。^^

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

『みみたろう』って何?

 


『みみたろう』は培養によって生まれたフワフワだそうです。

 

っというのは、『みみたろう』のビジュアルやキャラ設定の事です。

本来の名前は『軽バズりみみたろう』と言うようです。

 

ディズニーの『ベイマックス』に見えるのはりんごだけでしょうか・・(笑)

 

『みみたろう』は、昼の顔と夜の顔があり、昼間は先生となって小学生をターゲット勉強を教えているのですが、

夜はふわふわの自我を保つ為に、『夜のみみたろう』というチャンネルでいろいろとお話されています。(笑)

 

この夜の顔はお子様たちには内緒だとか・・。

 

 

 

最終的には、昼の『みみたろう』はNHKの教育ポジションを狙っています!

 

キャラが可愛いので、アリかも。^^

 

スポンサードリンク

 

『みみたろう』が誕生するまで

 

この『みみたろう』は実は業界初

クラウドファンディングで637万円を集めてデビューしたVチューバ―なのです。

 

クラウドファンディングはとは、インターネット上で自分の活動や夢を発信することで

共感した人や応援したいと思ってくれる人を募り、お金を集める仕組みです

 

こちらは、『みみたろう』のラフスケッチ

可愛い!^^

 

引用:https://camp-fire.jp/projects/view/93143

 

『みみたろう』はフワフワという事なのでフワフワ素材を集めてみました。

 

 

【Blooming FLORA モコモコフワフワボーダーロングパンツ】

 

【ふるさと納税】大人気!プリマハム「ホワイトボンレスハム ( 約1.5kg )」 豚肉 もも肉【プリマハム】

 

 

中身の『アルハイ』って何?

 

この『みみたろう』の中身、クラウドファンディングで資金を募られたご本人は

アルティメット・ハイ(アルハイ)という名で活動されており

ニコニコ動画で声真似、替え歌、実況、吹き替え、コント等など、様々なジャンルの『ネタ動画』を投稿、生放送の配信イラストも描かれる多才ぶりです。

 

ご自身が、出演されている動画もありますが、サングラスをかけてられてました。

 

『マツコ会議』に出演される時はどうなのでしょうね?

 

Twitterのアカウントには『アルティメット・ハイ(中島)@第三営業部』となっています。

第三営業部とは、『ニコニコ動画』を投稿する所属グループ名のようです。

もともと、営業されていた方が発起人なのでしょうか・・?

 

 

『みみたろう』の仕掛け人、アルティメット・ハイさんの活動歴はこちら。

 

2005年 ネットラジオ開始

     「声真似一人もののけ姫」等の放送

 

2007年 ニコニコ動画投稿開始

 

2010年 投稿動画「【ちびまる子ちゃんで】さくらのあめ【歌ってみた】」がニコニコ動画総合ランキング1位獲得

 

2011年 投稿動画「俺たちのじょーじょーゆーじょー (一人)」がニコニコ動画総合ランキング1位獲得

 

2012年 投稿動画「キリトにメッセージを残してみた 【SAO】」がニコニコ動画総合ランキング2位獲得

 

2013年 ニコニコ超会議2 出演

 

 

2015年 投稿動画「しゅがーそんぐ と びたーすてっぷ」がニコニコ動画総合ランキング1位獲得

 

2016年 第三営業部加入

     ニコニコ超パーティ2016 出演

 

2018年 渋谷ラジオtokyoにて公式ラジオ配信開始

 

動画総合再生数 23,703,926回

ニコニコフォロワー数  54,073人

(2018年9月時点)

 

『ニコニコ動画』では相当な方のようで、すごいフォロワー数ですね!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

まだまだ数が少ない、Vチューバ―ですが

やはり単純な動画と違って、Vチューバ―になるには専門的な機材が必要な為

初期費用が相当かかるようで、企業でさえも簡単には作れないようです。

 

アルティメット・ハイさん曰く、

10年後は一人一体バーチャルアバターを持って電脳化する世界が来るそうです。

 

確かに!

現在、スマホが一人に1台以上あるように、バーチャルアバターを持つ時代が来るのも頷けます・・・。

 

が、そんな世界になったら現実の世界で頑張る人が居なくなるような、そんな気がしました。^^‘

みなさんはどうでしょうか?

 

 

ここまで読んで下さってありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA