武藤将吾[3年A組脚本家]の経歴や出身大学は?作風や評判についても!

こんにちは、りんごです。^^

今日から始まる菅田将暉さん主演の新ドラマ『3年A組-皆さんは今から人質です-』が始まりますね。

ドキっとするこのタイトル、インパクトのあるタイトルロゴ。

放送前からその内容が話題になっていますね。

松たかこさん主演の映画『告白』みたいな内容なのでは?と・・・

こうのような陰鬱な学園ものって、なぜか見たくなりますよね。^^

今回、この『3年A組-皆さんは今から人質です-』はオリジナルで脚本を担当されているのが武藤将吾さん

りんごちゃんの持ち主ぴよちゃん

武藤さんは仮面ライダービルドの脚本に自ら立候補したんだよ。

今日はこの脚本家の武藤将吾さんついて調べてみました。

スポンサードリンク

武藤将吾さんの経歴や出身大学は?

武藤将吾さんは、2002年に第15回『フジテレビヤングシナリオ大賞』で佳作を受賞後、ヒットドラマの脚本を手掛けられています。

『高校教師』や『101回目のプロポーズ』などで超有名な野島伸司さんもこの『フジテレビヤングシナリオ大賞』に投稿され、大賞を受賞されています。

脚本家の登竜門として位置づけされており、野島伸司さん以外にも『梅ちゃん先生』の尾崎将也さん、『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子さんを輩出しています。

ちなみに、2018年の『フジテレビヤングシナリオ大賞』では、14歳の鈴木すみれさんが『ココア』という作品で大賞に選ばれています。

脚本家の世界に年齢は関係ないんですね!

武藤将吾さんは、受賞後にドラマ『電車男』、『花盛りの君たちへ~イケメンパラダイス~』、『仮面ライダービルド』映画『クローズZERO』『クローズZEROⅡ』『テルマエ・ロマエ』などなど

クローズZERO【blue-ray】

 

テルマエ・ロマエ【blue-ray 通常版 阿部寛】

数多くの作品の脚本を手掛けてられます。

そしていろいろと調べてみたのですが、武藤将吾さんは1977年生まれ、現在41歳。

出身大学などそれ以上の個人的な情報は、見つける事が出来ませんでした。

申し訳ございません。><

唯一の情報源としては、武藤将吾さんはTwitterをされています。

武藤さんには、男の子のお子さんがいらっしゃいます。

息子さんが、仮面ライダーを見る年ごろになり、一緒に観ているうちに平成シリーズの仮面ライダーを遡って見られたそうです。

息子さんと一緒にリアルタイムで見ていたのは『仮面ライダーエグゼイド』、息子さんがエグゼイドのライダーベルトを欲しがり、そのベルトを付けた息子さんの敵役をやりながら、見ていたとインタビューで答えてられます。(笑)

そして、武藤さんんは自ら『仮面ライダー』の脚本を手掛けたい!っと、テレビ朝日の関係者に自らを売り込んでいたそうです。

それが功を奏して、新シリーズの脚本家を模索していた東映プロデューサーの大森敬仁氏に話が伝わりメインライターを担当するに至ったそうです。

お子さんと見ていた仮面ライダーの脚本を手掛ける事が決定した事に関して

日本のテレビドラマ界でそうそう出来ることではない、1年間にわたって展開するSFドラマ、アクションドラマを作り上げるという、大きな枠組みの魅力がまずあり、1年間、40数本のエピソードでキャラクターを育てて、アクションシーンやSF的エッセンスなど、自分の好きな要素を盛り込むことができる。

~省略~

幼い子どもたちが生まれて最初に観る連続ドラマであり、その中で自分の死生観、人生観など、さまざまなメッセージを送ることができるというのは、替えがたい魅力です

引用:https://news.mynavi.jp/article/20171209-kamenrider/5

と、答えてられています。

”こどもが初めて観る連続ドラマ” 『仮面ライダー』をそんな目線で捉えた事がなかったので、

制作される側はここまで考えているのか!っとこの一文はなんかすごく印象的でした。

確かに、『仮面ライダー』のこどもへの影響力ってすごいですもんね。^^‘

スポンサードリンク

作風や評判について

武藤さんの作品では、キャラクター同士の会話劇を得意とされている。そしてテンポが早い!

「第5話でやることを第1、2話で見せ切ってしまうのがお前のスタイル」っと、監督にも言われたそうです。

確かに、テンポは速いですよね。勿体ぶらずにガンガンストーリーが進む進む!(笑)

『3年A組皆さんは今から人質です』に関しても、初回から展開早っ!っと感じました。

まとめ

いかがでしたか?

めきめきと名前を上げてらっしゃる脚本家、武藤将吾さん。

マンガが原作のドラマが多い中、オリジナルドラマで勝負というのも武藤さんの才能が買われている証拠ですよね。

『3年A組皆さんは今から人質です』はこれから、どんな展開になっていくのか楽しみですね!

そして、武藤さんの過去の作品を見返してみるのもおもしろいんじゃないでしょうか?^^

ここまで読んで下さってありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA