桐たんすをリメイクdiy/自分で洋風なアンティークモダンにする方法

スポンサードリンク

 

こんにちはdiy好き主婦のりんごです。

結婚する時に実家にあった祖母の嫁入り道具の桐たんすを母から譲ってもらい15年

以前住んでいた自宅には畳の和室があったので古い桐たんすもしっくり馴染んでいたのですが

洋室しかない今の自宅ではただただ100年分の汚れが目立ち、インテリアと馴染まないことがネックで処分も考えていました。

 

ネットの情報を参考に洗ってみたところ簡単に汚れが落ちてナチュラルな木肌が表れたので

これは捨てずに使い続けたい!と思い

さらにリメイクして洋室に似合うようなアンティークモダンなチェストにリメイクすることにしました。

 

桐たんすの洗いのBefore/After画像がこちら ↓

桐たんすの洗い方はこちらの記事で紹介しています。↓

 

ザ和風な桐たんすを洋風なアンティークモダンなチェストにリメイクする為に私が行った作業がこちら

①天板にモールディングを取り付ける
②上段の引き戸を開き戸に変える
③引き出しの和風な引き手を全て洋風な取っ手に付け替える

それぞれ紹介していきます。^^

 

桐たんすくをリメイクdiy/自分で洋風モダンにする方法

 

本格的にリメイクしていく前に、私の桐たんすは作られてから100年以上経過しているため、もうほんっとにボロボロで(笑)背面の板が反って浮いてる箇所が多々ありました。

なのでまずはそれを修理します。

 

画像は桐たんすの後ろ側。これだけの面積の部分の板が反って本体から浮いていたので、バキッと折って外しました。

修理といっても職人さんのような技術力はないので、100均で買った板材を木工用ボンドと釘で打ち付けただけなのです。

安易な修理ですが自宅用なの十分!これで安心して長く使えます。

 

100均で販売している板材はほとんどが桐で厚みの薄いものも売ってるので短めの桐材に限ってはホームセンターで買うよりも100均で買う方が安くてはオススメです。^^

最低限の修理が出来たら、ここからリメイク作業をしてきます。

 

桐たんすをリメイクdiy/ モールディングを取り付ける

洋風なアンティークモダンなチェストにするには、外観を変えて桐たんすの和テイストを払拭する必要があります。

外観を変えて洋風ぽい家具に見せるにはモールディングの装飾はとても有効な手段です。

 

モールディングとは?

そもそもモールディングとは何のか?を説明すると、建築物や家具に施される縁どりのことで、刳形(繰形くりかた)とも言うようです。

天井と壁のつなぎ目など部材が変化する部分に施されることが多く、西洋建築や輸入住宅の豪華な装飾をイメージするとわかりやすいかと思います。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハウディー株式会社(@howdy_inc)がシェアした投稿

最近ではインテリア装飾として室内や家具を装飾する目的で、木材やプラスチックや樹脂で出来たものなど様々な素材のモールディングが販売されているので手軽にインテリアを変えることが出来ます。

 

費用は少しかかるのですがアンティークな家具を買うことを考えると安上りですし、やり方を知っているといろいろ応用が利くのでワンランクアップなDIYが可能です。

 

私はホームセンターでモールディング材を調達しましたが、ネットで購入する方が品揃えは良いです。

 

 

桐たんす/モールディングの取り付け方

 

私が桐たんすにモールディングを取り付けた方法をご紹介します。

モールディングの取り付け方の基本は45度にカットして繋いでいくです。(額縁をイメージするとわかりやすいかと思います。)

 

ちなみに私の取り付け方は、DIYでお家を建てられた「丸林さんち」シリーズの本を参考にしています。

見てるだけでワクワクするDIY本で、家族でこんな家づくり出来たら最高だろうなぁと憧れます。

 

①モールディングを取り付けたい家具の天板の上に一段板を重ねます。
図で説明するとこんな感じです↓

実際の画像はこちら ↓

家に溢れてる端材を有効活用したかったので厚みが足りず2段になってしまっていますが、モールディングが取り付けられる厚みがあれば重ねる板は1段でOKです。

 

 

②取り付けたいモールディングを45度にカットします。

カットする向きを間違いやすいのでモールディングを取り付ける状態を想定して、その真上から見て45度にカットします。

また45度にカットするには取り付ける辺の長さよりも余分に長さが必要になります。モールディングの長さに余裕を持たせておいて後から長さを調整します。

 

③45度にカットしたモールディング同士をボンドで接着していきます

私はボンドのみで接着しましたが、さらに隠し釘で固定するとより頑丈です。

 

 

左右と前面にモールディングを取り付けるとこんな感じになります。(後ろの面は壁に当たるので取り付けていません)

 

④ひと回り大きい天板を貼り付ける

最終的に一回り大きい板で覆います。

 

私はモールディングを取り付けた面の縦横 + 5ミリの天板 をボンドで接着しています。

 

 

これでモールディング部分は完成。

 

 

こほ時点で塗装しました。

100均の桐材で補修した背面板も裏からと表からも塗装しています。

 

 

使った塗料はこちら

・修理した部分やモールディング部分 → ワトコオイルの「ドリフトウッド」
・桐たんす本体 → 水性アトム自然カラーの「クリア」

モールディング部分は檜材なのでどうしても木の色が異なるのですが出来るだけ一体感が出るように、後からワックスを塗り重ねたりして違和感が出ないようにしましたが最後は妥協です。(笑)

 

 

桐たんすをリメイクdiy / 引き出しの取っ手を付け替える

塗料が乾燥したら引き出しの取っ手を外していきます。

桐たんすなどの和家具には取っ手部分が出っ張らない機能的な取っ手が付いていますが、役目を終了して頂き外していきます。

 

桐たんす/取っ手の外し方

 

桐たんすの引き出しの内側はこのように真ん丸の金属のカバーが取り付けてあるのですが、これをマイナスドライバーなどで浮かせます。

 

 

カバーを外すと割ピンのような金属がお目見えするので、この金属もマイナスドライバーを使って起こしていきます。

抜きやすくするために出来るだけ垂直に起こして…

 

引き出しの表側から「てこの原理」の要領で抜いて行きます。

 

 

引き出し全部の取っ手を外したのですが、外した穴が目立つので埋めて行きます。

 

 

穴の周りをマスキングして

 

 

補修用のウッドパテを埋め込みます。補修用なので上から塗料ものせることが出来ます。

 

 

 

穴は埋まっていますが不自然なので乾燥してからヤスリでならして…

 

少量のブライワックス(チーク)で塗装しました。

 

穴の周りの丸い凹みが気になりますが、新しく取っ手を付ければさほど気にならないかと思います。^^

 

桐たんすの取っ手を付け替える

ワクワクの作業! 桐たんすに新しい取っ手を付けて行きます。

 

輪っかの取っ手はネットで購入したもので、もう一方の凝ったデザインにものはseriaで購入しました。100円でこのクオリティってすごくないですか!?

 

2種類の取っ手のどちらを付けようかとめちゃくちゃ悩んだのですが、取り敢えずは気に入って買った輪っかの取っ手を付けることにしました。

出来上がりは最後の画像で確認して下さいね。^^

 

桐たんすをリメイクdiy/ 引き戸を開き戸に変える

続いて行った作業が桐たんす上段にある引き戸を開き戸に変える作業です。

 

引き戸を2枚とも外して、ここからはホームセンターで作業をさせてもらいました。

引き戸の扉4か所に穴を開けて、1か所の穴から電動糸鋸の刃を出してカットして行きます。

 

扉2枚とも内側をカットします。

 

くり抜いた扉の内側に5ミリの角材をボンドで接着していきます。

 

 

取り付けた角材の上に中空ポリカー(クリア)をのせて、その上からさらにモールディングを四辺にボンドで貼り付けます。

この方法だと溝を掘ることが出来るトリマーが無くても、中空ポリカやアクリルなどをはめ込むことが出来るので、私はよく使う方法です。(ホームセンターの元家具職人の方から教えて頂きました!)

 

モールディングを取り付けた扉がこちら。DIYといえどグッと高級感が出ますよね。

 

 

モールディング部分も塗装して(ブライワックスのチークを使いました)扉は完成。

 

 

いよいよ本体に扉を付けていくのですが、もともとは引き戸だったので扉の側面に丁番を取り付ける掘り込みを作っていきます。

100年以上経ってる桐材なので柔らかく、彫刻刀で楽にほることができました。

 

引き戸だった扉を無理やり開き戸にしているので、丁番で取り付けた後微調整して行きます。

 

 

案の定、丁番で取り付けた扉を閉めると綺麗に閉まらず扉が重なってしまいました。

 

 

片方の扉の側面をヤスリで削ってきちんと閉まるように調整します。(開き戸にはアンティーク風なつまみの取っ手を付けました。)

 

 

桐たんすをリメイクdiy/ アンティークモダンなチェストの完成

3つの工程

・モールディングを取り付ける
・新しい取っ手を付ける
・引き戸を開き戸にする

を全て終了して完成しました ♪

 

こちらは輪っかの取っ手バージョンです。

 

こちらはseriaのアンティーク取っ手バージョン、どちらがお好きでしょうか?? 

開き戸の扉は削ったお陰で無事に閉まるようになりました、内側にマグネットキャッチを取り付けたら完璧ですね。

 

 

こちらが Before / After 画像

桐たんすの和テイストは払拭され、洋室に合うお気に入りのチェストになりましたよ~。(*’ω’*)

 

部屋のインテリアに合わなくてボロボロで汚いイメージさえあった我が家の桐たんすですが、大好きな家具になりました。これからも長く使って行きたいです。(*’ω’*)

 

もともと自宅にあった材料なども使用しているので、リメイクするのにどれくらいのお金がかかったのか正確な金額は言えないのですが、1万円以内で出来る感じです。

 

モールディングを付けたり、扉を変えたりは難しいかもしれませんが洗って塗装して取っ手を付け替えるだけでも驚くくらい変わると思います。

 

もし桐たんすを持て余してる…っという方は、ぜひチャレンジしてみて下さい!

ここまで読んで頂きありがとうございました。^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA