ロンブー敦の居座り[1月12日放送]あべのハルカスの裏側や名物店員は?

こんにちは、りんごです。^^

3連休皆様はどのようにお過ごしでしょうか?

りんごは寒いので、お風呂屋さんに行きたいと家族に提案したのですが、却下されてしまいました。( `ー´)ノ

ま、いいのですが・・・。

そんな中、夕方4時からの『ロンブー敦の居座り!!百貨店の裏側<あべのハルカス近鉄本店編>』という

おもしろそうな番組があることに気づいて、楽しみにしていました。

こういう百貨店の裏側ってめちゃくちゃおもしろいんですよね!!

りんごは独身の頃、半年だけ百貨店で販売のアルバイトをした事があるのですが、あの華やかな売り場から社員専用扉の中に一歩入ってしまうと、いろんな売り場の方が普通に行き来していて、すごくおもしろかったんです!

社員食堂も安くて美味しかったし、仕事帰りには社員専用出口のとこで売れ残った洋菓子の販売なんかもされてたりと、短い期間でしたが今でもよく覚えています。^^

今回のあべのハルカスはどんな裏側だったのでしょうか?

スポンサードリンク

あべのハルカス近鉄本店とは

 

Abeno Harukas 20140507-001.jpg

<あべのハルカス近鉄本店>

2014年3月にグランドオープンした、超高層ビルで、日本で最も高いビル。

中には、近鉄百貨店あべのハルカス、オフィスエリア、ホテル、美術館、展望台があり、今回敦さんが居座って取材したのが

「近鉄百貨店あべのハルカス」です。

私はまだ、『あべのハルカス』に行ったことがないのですが、高さも日本一なのですが、その売り場面積も日本最大規模だそです。

りんごちゃんの持ち主ぴよちゃん

売上は阪急うめだ本店を抑えて第一位なんだよ!

外国人観光客も多くて、1日の来店者数はなんと20万人!だワン

わんこ先生

現在は向かうところ敵なしの『あべのハルカス』ですが、オープン当初は若者向けの店舗が多く、ここまでの勢いはなかったそうです。

りんごちゃん

そこで『ママチャリで行ける百貨店』をめざしたんだって!

具体的には、『無印良品』『コクミンドラッグストア』『エディオン』など、親しみやすい店舗を増やし、そして食品売り場の価格を安く設定、ママチャリが置ける自転車置き場も作られたそうです。

りんごちゃんの持ち主ぴよちゃん

百貨店の食品売り場は高級っていうイメージしかないよね。

確かに!私も百貨店の食品売り場で買うものは、パンやスィーツや手土産くらいで、野菜や卵なんか買った事ないです。

百貨店の食品売り場を安く!客を取り込むにはすっごく良いですね、こんな百貨店が近所にあったらいいね~。

『客サー』とは

今回、ロンブー敦さんは『あべのハルカス』の社員食堂の一角を陣取り、『客サー』と呼ばれる方々とお話されていました。

<写真提供:MBS>

(出典:https://www.rbbtoday.com/article/img/2019/01/11/166630/626487.html)

「客サー」って、何かわかりますか?

わんこ先生

お客様サービスセンターの事なんだワン

『あべのハルカス』には、常時40名くらいの「客サー」がいらっしゃって、日々大阪のおばちゃんのお相手をされているそうです。

その「客サー」に来られたお客様の、問い合わせが大阪らしくて笑えました。^^

・『ちょっとこのふた開けてくれへん?』

・『ちょっとこれ持ってるし、このチャック閉めてくれへん?』

・『お菓子の包み紙を渡されて、これが欲しいねんけど?』

・売り場案内後に再び戻って来て『やっぱりわからへんし、連れて行ってくれへん?』

などなど。(笑)

常に笑顔で対応され、「客サー」の全員で共有されている、お客様データがあるそうです。

そのデータ、とってもおもしろそう。^^

ミスター北海道とは

『あべのハルカス』には、「ミスター北海道」と呼ばれている、バイヤーの方がいらっしゃいます。

『あべのハルカス』でも、やはり「北海道物産展」は非常に人気があるそうなのですが、ライバル視されている、阪急百貨店では決してされないような缶詰特集や、とにかくでかくてインパクトのあるものを買い付けられたりと、大阪ぽいノリを大事にされていました。

そして、このバイヤーさんが言うには、北海道物産展の為に買い付けにいくと、他の百貨店のバイヤーさんと鉢合わせになったりするそうです。(笑)

<写真提供:MBS>

(出典:https://www.rbbtoday.com/article/img/2019/01/11/166630/626487.html)

このゴールデンウイークに、「北海道物産展」が催されるようですよ。^^

10連休のゴールデンウイークに「北海道物産展」を持ってくるってさすがだね!

りんごちゃん

『あべのハルカス』命のバイヤーさんと思いきや、「もし、他の店からヘッドハンティングにあったら、どうすんの?」という敦さんの質問に、結構真剣に悩んでられました。(笑)

スポンサードリンク

レイアウトのこだわり

『あべのハルカス』では、レイアストマンと呼ばれる、レイアウトやディスプレイを専門に行ったり、抜き内でディスプレイチェックされる覆面の方たちがいらっしゃいます。

ディスプレイなので女性かと思いきや、大柄な男性2人が登場されていました!

そのレイアウトの手法は、統計的な値から論理的に考えられていて、敦さんもびっくりされていました。

これのおかげで売り上げも倍増したほどの効果があるそうです。

<写真提供:MBS>

(出典:https://www.rbbtoday.com/article/img/2019/01/11/166630/626487.html)

まず、お客様が通られる通路の真ん中は「エクスプレスライン」と言って、もう買うものが決まっていて目的の店舗に行くため足早に歩かれる お客様の通り道。

そして、通路の両側は「スローライン」と言って、商品を眺めながらゆっくり歩かれるお客様の通る場所。

『あべのハルカス』では、その「スローライン」と店舗の境目に「リースライン」と呼ばれるグレーのラインを全ての店舗に引いてるそうなんです。

「スローライン」を歩かれるお客様が、このグレーの「リースライン」を踏み込んで店内に入って来てもらえるように、商品の配置を決めているそうです。商品の位置が、「スローライン」から遠くても、近すぎてもダメだと力説されていました。

そして、店舗の間口は90㎝以上ないと、客は入店して来ないというデータがあるそうです。

その90㎝という長さは、通路の床のタイルの一辺の長さとも深く関係しているそうで、タイルの一辺の長さが60㎝なら、間口は120㎝にするそうなんです。

確かに、間口が狭いと入店し辛い感じはわかりますね。後、商品が多すぎる店とか逆に少なすぎる店も・・。

こんな緻密な戦略で、確実に売り上げを伸ばされているんですね~。

私がアルバイトしていた頃とは全然違います。(笑)

ロンブー敦が購入を決めたもの

8階のおもちゃ売り場には、「ボーネルンド」で働かれる杉本さんと言う方いらっしゃいます。

店頭で、「マグフォーマー」と呼ばれる組み立ておもちゃを実演されているのですが、その手さばきが見事で

敦さんも、「娘が喜びそう、俺もやりたい!」っと言ってられたのがこちらです。^^

【ボーネルンド・マグフォーマー/30ピースセット】

【ボーネルンド・マグフォーマー/90ピースセット】

敦さんが番組内で購入すると言われたものの、その場では在庫がなく取り寄せになると店員さんから言われてました。

このロケが行われていたのが、昨年の12月28日だったそうなのですが、クリスマス明けと年末の為に在庫がなかったんでしょうね。^^‘

まとめ

いかがでしたか?

とにかく規模が大きいあべのハルカス、初めて行ったら迷子になりそうですね。^^‘

そんな時は笑顔の「客サー」のお姉さま方を頼りましょう~。


 こちらの展望台も、一度のぼってみたいです!!

ここまで読んで下さってありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA