新元号は『令和』に決定!日本はどんな時代になって行く?

こんにちは、りんごです!

 

先ほど、新元号が発表され

新しい元号は『令和』に決定しました!

意外な響きの元号ですね。。


 

5月1日から、令和元年が始まるんですね。

 

 

かと言って、私たちの生活がそれを機に劇的な変化が起こるのか?

と言われると、そんな事はなく。^^‘

 

日々は続いて行きますよね。

 

では、長い目で見てどんな時代になって行くのでしょうか・・?

 

スポンサードリンク

 

『令和』はどんな年になって行く?

 

 

少子高齢化は既に、誰もがわかる事ですが

りんごが旦那さん話すときに出る話題はこんな事が多いです

 

・少子高齢化で空き家が増えて家は売れない、車も売れない

 

・不動産業界はオリンピックまでがピークだろう

 

・AI・無人化で、仕事が無くなる。

 

・少子高齢化で、きつい仕事は労働力が足りず外国人の労働力を借りる

 

・日本に大量の外国人が住むようになって、日本人の仕事はさらになくなる

 

・外国人に対応するためにも、日本自体も現金の流通がなくなり電子決済が主流に。

 

・税金は多くなり、年金受給額は減って行って、定年は70歳

 

・老後の生活保障はなく、働き方改革で副業OKにして老後の生活に備えなければならない

 

・富裕層は海外に移住する

 

・学校を卒業して、企業に勤めて、給料をもらって生活する・・という形が崩壊する

 

・学校に行かない子が増える

 

・こどもを生まない女性がもっともっと増える

 

簡単に予想される事は結構暗い事ばかりなんですよね・・・^^‘

 

 

りんごも、小学生のこどもが2人居ますが

小学校も中学校も登校拒否する子が少なからず居ます。

 

良い企業に就職する為に、良い大学に行く、良い大学に行く為に良い高校を目指す・・

そんなこれまでの考えは、もうナンセンスな気がします。

 

もちろん、生きていく選択肢を増やす為に良い大学に進学する事は否定しませんが

それでも、明確なビジョンが必要だと切に思います。

 

そして目的を達成する為の術は、固執しすぎす柔軟に変わって行かなければ行けない・・

と痛感します。

 

いづれにせよ、こどもが飛び込んで行く10数年後の日本に

こどもがやって行けるのか、母は心配しかありません。^^‘

 

安部総理は、若い人が大いに自由に活躍する時代になって欲しいと

言ってましたが、その裏側を考えると

 

新元号『令和元年』はずばり『国に頼れない時代の始まり』と思います。

 

『国に頼れない時代』にどう生きる?

 

うちの旦那さんは、独学で勉強して株や投資をしています。

 

結婚した時に、家族を養っていく事に危機感を感じたんでしょうね。

たまたま、同僚で投資をしている方が居て、それがきっかけでした。

 

失敗を糧にして、現在は安定して利益を得ています。

なので、特に長男には投資をいづれ教える・・と言っています。

 

国には頼らず自衛する術を持たせたいという思いからです。

 

投資でもなくてももちろん良いです。

現在ネット上には、様々なお金を得るヒントがたくさん流れてます。

 

自分は生きていく為に何でお金を稼ぎたいか?

どんな暮らしがしたいか?

それを一早く見つけて、実行した方から未来は開けて来るのではないか?

と感じます。

 

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

新元号が『令和』に決まり、おめでたいことですが

残念ながら日本が抱える本質はなんら変わりません。

 

自衛して行く時代が始まります。

 

ですが、新元号に便乗したセールやイベントの恩恵は

しっかり受けましょう~。^^

 

新元号元年はいつまで?セールやパレード/記念硬貨の発売はあるの?

 

 

ここまで読んで下さってありがとうございました。^^

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA