[哲学の道の桜2019]見頃や花見はいつ?由来やアクセス/駐車場も調査

こんにちは、りんごです。^^

 

あさってからはもう2月です。短い2月が終わると合格発表やら卒業やらで、バタバタな内に春休みを迎えて、子どもの昼ご飯を作るのが嫌になるパターンです。(笑)

 

ほんと母は、これからの時期はなんか気が休まりません・・。

 

さて、お花見に関する記事をいくつか書いてきたのですが、今日は京都にある『哲学の道』の桜やお花見について書こうと思います。

 

りんごちゃんの持ち主ぴよちゃん

哲学の道は桜や紅葉はもちろん、蛍でも有名だよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

「哲学の道の桜2019年」お花見や見頃は

 

<哲学の道>

〒606-8406 京都府京都市左京区浄土寺石橋町

 

銀閣寺を通る疏水沿い、2kmほどの小径を「哲学の道」と言います。

春は満開の桜が、夏は新緑と木陰が、梅雨には紫陽花が、秋は紅葉が、冬は雪景色が美しく、季節ごとの風情が楽しめる静かな小道です。

 

 

【ロングシフォンフレアスカート/ふんわりシルエット】

 

 

『哲学の道』の桜の見頃はまだ発表されていませんが

昨年は例年より早く開花し、早咲きの枝垂れ桜は3月17日には咲いていました。

そして、3月29日には見頃でライトアップもされていました。

昨年はほんとに開花が早かった記憶があります。

 

 

 

 

 

そもそも「哲学の道」の由来とは

 

『哲学の道』の名前は、日本を代表する明治時代の哲学者・西田幾太郎(にしだきたろう)が物思いに耽りながらこの道を散策したことに由来するんだとか。

また『哲学の道』は日本の道百選にも選ばれているそうです

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「哲学の道」のアクセスや駐車場について

 

<バス利用の場合>

*京都駅より、市バス5系統に乗車、南禅寺・永観堂道で下車、徒歩4~5分。

*市バス100系統に乗車、銀閣寺前で下車、徒歩すぐ

 

<車の場合>

哲学の道周辺にも駐車場はありますが、午前10時を過ぎると駐車は難しいと近隣の方からの情報があります。

どうしても車で行かれる方は10時までに到着されるように出発なさって下さいね。

 

 

 

【桜ピアス・K18 ゴールドアメリカンピアス】

 

 

また、簡単な登録だけで事前に駐車場を予約できるサービスもあります。

哲学の道まで徒歩10分掛からない駐車場もございます。^^


 

春の京都は観光客が多く、道が細く、どの場所も非常に混雑します。

バスも動かない状態になることも珍しくありません。なので、渋滞を避けるなら、

 

京都駅から地下鉄に乗り『御池駅』で地下鉄東西線に乗り換え『蹴上駅』で降りて、歩かれるのをお勧めします。

 

『蹴上駅』からは、徒歩15分ほどです。よくサスペンスドラマのロケが行われる、水路閣のある南禅寺を抜けて行かれてはどうでしょうか?^^

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

京都はあちこち散策するのが楽しいので、個人的には電車で最寄駅まで行かれて歩かれるのがオススメです。

歩きやすい靴で、渋滞横目にサクサク移動して下さい。

ほんとに、車より早いですよ!

我が家は、京都駅のJR伊勢丹でお弁当買って、お花見に出かけますよ。^^

こういう時はちょっと奮発して美味しいお弁当を頂きたいですね!

 

ここまで読んで下さってありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA