賃貸diy/トイレにおしゃれな飾り棚を設置する方法をご紹介!

スポンサードリンク

 

こんにちは、りんごです。^^

 

戸建てのお宅にお邪魔させて頂くと目にすることが多いトイレの可愛い棚。

ニッチになっていたり、サイドの壁に細長い飾り棚が設置されていたり、立派な収納になっていたりと狭い空間でもすごくお洒落なトイレが多いですよね。^^

 

わが家は賃貸なのでニッチのような棚を設置することは無理なのですが、トイレのサイドに飾り棚を設置するくらいなら出来るんじゃないかと思いやってみました。

 

この記事では

賃貸のトイレの石膏壁に飾り棚を設置する方法をご紹介しています。

 

スポンサードリンク

賃貸DIY/トイレの石膏壁に可愛い飾り棚を設置する方法

賃貸の壁には石膏ボードが使われています。

 

一般的に40㎝~50㎝間隔で石膏ボードの間には間柱と呼ばれる柱が設置されていて、この柱に棚を取り付けることが出来ると一番強度があるのですが

柱に取り付けるとなるとビスや釘の大きな穴が開いてしまうので賃貸では不可能です。

 

なので今回は柱じゃない石膏ボードの壁に棚を取り付けて行きます。

 

トイレの石膏壁に棚を取り付ける/材料

【材料】

・板材 8.5㎝×56㎝
    11.5㎝×56㎝

・ナゲシレールブラケット

ナゲシレールブラケットはラブリコで有名な平安伸銅さんから発売されている取り付け具で、石膏ボードにも取り付けることが出来る便利なアイテム。

 

1×4材に取り付けて使用することが想定されていますが、使い方によってはいろいろ応用できるので、使い方を知っておくと便利ですよ。

 

ナゲシレールブラケットにはこの白い四角い取り付け具(フックとカバーのセット)が入っています。

 

スライドさせてフックとカバーを別々に出来るようになっているのですが、この作りのお蔭で棚を固定させることが可能なのです。

 

トイレの石膏壁に棚を取り付ける/塗装する

まずは用意した板材を塗装します。私は自宅にあった端材をカットして使っていますがもちろん1×4材を使用してもOKです。

塗装も不要であればする必要はありません。

ただ、100均で販売されている板材は桐材は厚みが薄いので、今回の取り付け方にはオススメできません。

 

スポンサードリンク

 

トイレの石膏壁に棚を取り付ける/位置を決める

トイレの壁のどこに棚を取り付けるのか場所を決めます。

場所が決まったらその位置から9㎝下の位置にマスキングテープを水平に貼り付けます。

 

マスキングテープをガイドにして、ナゲシレールブラケットのフックの方を、付属のピンで壁に垂直に取り付けます。

石膏ボードにしっかりと固定するために5か所ピンで固定します。

 

 

フックとセットになっていたカバーを差し込み、カバーに取り付けられている両面テープを剥がします。

 

塗装した8.5㎝×56㎝の板材を水平に注意してナゲシレールブラケットのカバーに押し付けます。

 

板を上にスライドさせてもちあげると、裏側に先ほどのカバーが両面テープで固定されています。

 

トイレの石膏壁に棚を取り付ける/棚を作る

両面テープで固定されているナゲシレールブラケットのカバーを、ビスでしっかり固定します。

 

 

右が棚板になる板で、左は裏にナゲシレールブラケットのカバーを取り付けた板です

 

 

この2つの板を90度に固定してL字の棚にします。

この時ナゲシレールブラケットのカバーの厚みが棚板で隠れるように固定します。

 

 

固定には木工用ボンドとビスでしっかり固定して、ビスの穴はダボで埋めて隠します。

 

 

ビス穴をダボか丸棒で埋めてからカットして段差が残った分はヤスリで平らにします。

 

 

埋めたダボやヤスリがけをして塗装がかすれてしまった場所は再度塗装して棚は完成です。

 

 

トイレの石膏壁に棚を取り付ける/取り付け

L字に固定した棚を壁に取り付けたナゲシレールブラケットのフックに上から降ろすようにして引っ掛けて完成です。

 

棚の下から覗くとこのようになっています。

 

ナゲシレールブラケットの荷過重は10キロと記載があるので、お気に入りの本を置くのも良いですよね。^^

 

棚設置後の我が家のビフォーアフター画像です。

棚がついたことで賃貸ぽさがさらに消えて、お気に入りの空間になりました。

季節ごとに棚の小物を変えるのも楽しみです。^^

 

この棚の取り付け方は石膏壁であれば可能なのでトイレに限らず、リビングや廊下にも取り付けようと思っています。

その時はまた追記しますね。

 

ここまで読んで下さってありがとうございました。^^

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!