東京蚤の市2019秋/第16回の開催日時はいつ?混雑状況や駐車場もご紹介!

こんにちは、りんごです。^^

 

夏休みも終わりが見えて来て、後少しの辛抱・・

平日の静かな日常を待ち望んでいるりんごです。

 

この夏は暑さと混雑が嫌でどこも遠出しなかったのでが

この秋は、あちこち出掛けよう!と企んでいます。

 

その中でも関東在住の方に特におススメのイベントがこちら!

雑貨好き女子には堪らない「第16回東京蚤の市」^^

 

リピーターの方も多く、主催される『手紙舎』のイベントの中でも

最大のイベントがこの「蚤の市」。

 

この秋も東京と関西で行われるのですが

ここでは「東京蚤の市」についてご紹介します!

 

「関西蚤の市」に関する記事はこちら

関西蚤の市2019/第6回の開催はいつ?混雑状況や駐車場もご紹介!

 

スポンサードリンク

 

 

第16回『東京蚤の市』概要

木枠、ビール、ヴィンテージ、アンティーク、アルコール

開催日時

 

第16回東京蚤の市の開催日はこちら

2019年11月15日(金)

2019年11月16日(土)

2019年11月17日(日)

今年2019年秋に行われる「東京蚤の市」は初の3日間の開催です!

 

まだ、日にち以外の詳細は発表されていないのですが

昨年の開催時間は9時~16時まででした。

公式に発表され次第、更新させて頂きます。

 

開催場所

 

今回、開催場所も大きく変わります。

今年5月の開催は『大井競馬場』だったのですが

この秋は「国営昭和記念公園」で開催されます。

 

 

この「国営昭和記念公園」での開催は、

主催されている”手紙舎”さんが願って止まなかった場所のようです。

そんな場所での開催が決まり

素晴らしいイベントになること間違いないですね。^^

国営昭和記念公園:東京都立川市緑町3173

入場料:前売券 800円/当日券1,000円(中学生以下無料)

 

アクセス

 

まだ詳細が発表されていないので

国営昭和記念公園内のどこで開催されるのかわかりません。

発表され次第、更新させて頂きますが、

各入口の最寄駅を載せておきます。

【電車でのアクセス】

 

<あけぼの口>

JR中央線・立川駅より 10分

多摩都市モノレール・立川北駅より 8分

 

<立川口>

JR中央線・立川駅より 15分

多摩都市モノレール・立川北駅より 13分

 

<西立川口>

JR青梅線・西立川駅より 2分

 

<昭島口>

JR青梅線・東中神駅より 10分

 

<玉川上水口> 

西武拝島線・武蔵砂川駅より 25分

 

<砂川口>

西武拝島線・武蔵砂川駅より 20分

【車でのアクセス】

 

▪中央自動車道国立府中ICより8km。

▪中央自動車道国立府中IC下車。国道20号線を立川方面へ。日野橋交差点を右折。

 

 

スポンサードリンク

 

第16回『東京蚤の市』駐車場に関して

 

国営昭和記念公園の立川口・西立川口・砂川口

にはそれぞれ駐車場があります。

<国営昭和記念公園駐車場>

 

駐車場 大型車 普通車 バイク 障がい者等用
立川口 83台 1,755台 70台 20台
西立川口 なし 345台 40台 6台
砂川口 10台 431台 18台 6台

<駐車料金>

 

▪大型車・・・1780円/1日(公園の開園時間内)

▪普通車・・・820円/1日(公園の開園時間内)

▪バイク・・・260円/1日(公園の開園時間内)

国営昭和記念公園内の駐車場は国営だけに

非常に手頃な駐車料金が魅力ですよね。

ですが、開催場所内の駐車場とあって

出店者の方が朝早くから搬入に来られる事が予想されます。

 

こちらの国営昭和記念公園内の駐車場に駐車したいのであれば

開門と同時に入るつもりでないと駐車出来ないのではないかと

思います。

 

近隣の駐車場もピックアップしてみたので参考にして下さい。

 

また、車で行かれる予定であれば

事前に駐車場を予約される事をオススメします。

 

駐車予約サービス『akippa』をご存知ですか?

ネット検索では出て来ない、akippaと契約されている

個人のお宅の駐車場が日時によって貸し出されていたりします。

穴場な駐車場が激安で見つかったりもするので

探してみる価値はありますよ。^^

 

 

 

第16回『東京蚤の市』混雑状況

 

「東京蚤の市」は正直、激混みです。

入場者数と開催場所のキャパが

合ってないと来場者が口を揃えて言っていました。

 

その為か、前回5月の開催は

キャパを広げた大井競馬場で行われたのですが

下記のTwitterの書きこみや画像を見ると

ほぼ改善されなかったようです・・

 

これを踏まえて、今回念願の

「国営昭和記念公園」での開催が実現したものと思われます。

 

秋の東京蚤の市、発表されてた!

11月15日(金)〜17日(日)
国営昭和記念公園で開催だそう!あの広い公園なら混雑も緩和される…かな?

 

前回よりも、場所はかなり広くなりますし

完全野外なので入場さえしてしまえば

歩けないというような混雑はないのかな・・と思います。

 

ですが、国営昭和記念公園内のどの場所で開催されるか?

にもよると思うので

詳細が分かり次第更新させて頂きますが

どんなイベントも混雑を避けるのであれば

時間を極端にずらさないと避けられません。

 

混雑を避けたいのであれば

前売り券を購入しておく

▪閉演時間を遡って遅い時間に入園する。

▪お目当ての店をチェックしておきそれだけを見る

▪現地でフードを食べようとは考えない

 

また、必ず買いたいモノ行きたいお店がある方は

前売り券を購入しておく

▪開園前に並ぶ

▪お目当ての店にダッシュ。

▪迷うなら買う!

250店舗以上のお店が国内・海外から並びます。

また、大人気の「北欧市」「豆皿市&豆花器市も同時開催されます。

 

他にも、「花マルシェエリア」「キッズアーケード」

「リュックサック・バザール」「フードエリア」「ワークショップエリア

広範囲にわたり出店されるので

後からもう一度来ようと思っていても辿り着けません。

 

気に入ったモノは、一期一会と思って

買っておく方が後悔しないかと思います。^^‘

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

さかもとさらさん(@shee__takeko__aqu)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rikoさん(@omd_riko)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ZAKIOKA DESIGN | LEICA photoさん(@okazakityo)がシェアした投稿

 

国営昭和記念公園での開催は初となるので

なかなか、混雑状況を読むのが難しいのですが

大きい場所に移ったとしても

店舗の大きさはそれほど変わらないので

人気のお店は人だかりかと思います。

 

また、フード系は毎年とんでもない行列です。

買い物メインであれば何か食糧を持参した方が絶対に効率が良いです。

 

 

クリスマスもすぐにやって来ますよね^^‘

せっかくなので早くツリーも出してしまいましょう。

 

 

 

まとめ

 

第16回東京蚤の市に関して

まとめさせて頂きましたがいかがでしたか?

 

歩きやすい靴と、エコバック、レジャーシートは持参されると

何かと便利です。

 

お天気も気になる所ですが、少々お天気が悪い方が

足が遠のくので狙い目です、逆に是非ともお出掛け下さいね。

 

りんごは「関西蚤の市」に参戦する予定です。

可愛いアンティークを見つけましょう。

 

ここまで読んで下さってありがとうございました。^^

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA