逗子花火大会2019の開催はいつ?混雑予想や穴場の観覧スポットもご紹介!

 

こんにちはりんごです。^^

今週は私の住んでいる近隣で2つ大きな花火大会が予定されています。

近所なので、自転車で行けるのが何より嬉しい。

子どもたちと夕飯がてら行こうと思います。

 

さて、月例年5月下旬から6月初旬に開催されていた逗子海岸の花火大会。

今年は、運営費用が足りない等の理由から開催が危ぶまれていたのですが、最終的に9月に開催時期を変更して行われます。

 

9月というともう学校も始まり、花火大会と言われてもピンと来ないですが

開催が中止にならなくて良かったですよね。

 

今日はそんな「逗子花火大会2019」に関して取り上げてみました。^^

 

スポンサードリンク

 

 

逗子花火大会2019概要

 

「逗子花火大会2019」の日程はこちら

第62回 逗子海岸花火大会

 

【開催日】2019年9月27日(金)

【開催時間】19:30~20:15

【打ち上げ数】7000発(予定)

【打ち上げ場所】逗子海岸沖

 

逗子花火大会では、屋台の出店はありませんが

駅から海岸に行くまでの道は商店街となっているので、

道すがら購入するのがお勧めです。

 

スポンサードリンク

 

逗子花火大会2019混雑予想

この画像は過去の「逗子花火大会」時のものです。

例年の人出は10万人とも言われています。

 

 

今年は9月開催となりましたが、6月開催でも混雑はしていたので

9月になったからと言ってもさほど変わりないでしょう。

 

駅から海岸に向かう道が狭く、道路から海岸に入る道も狭い為

さらに混雑を助長します。

普通なら徒歩10分で到着するところが、ノロノロ状態です。

 

 

帰宅時はさらにひどく、狭い道を万単位の人が駅に向かうわけなので

進むわけありません。駅改札もさばききれません。

 

一駅隣の駅まで歩く、諦めて海岸でのんびり待つ、

営業しているお店で時間をつぶすなど

混雑対策をされてお出掛して下さい。

 

女性の方はお手洗いも行列となるでしょう。

海岸にもトイレはありますが、行ける時に済ませておくのが良いですね。

 

小さいお子さん連れの場合は

念の為、このようなグッズも家に常備しておくと万が一の時安心ですね。

 

 

逗子花火大会2019穴場の観覧スポットは?

 

「逗子花火大会2019」の穴場の観覧スポットとしてお勧めは

逗子海岸と並行に位置する134号線の歩道です。

逗子海岸は非常に広いので、海岸に降りれば

どこからでも花火は見る事が出来ますが、

例年、海岸の中央から場所取りが始まります。

 

しかし今年から海岸中央のエリアは有料シートとなるようです。

ちなみに有料シートは

・1.8m四方(6人定員)・・・12000円(360区画)

・協賛エリア大人/子ども・・・2000円/1500円(4000人分)

 

※お問い合わせは046(873)1111

有料エリア以外で花火を正面から見るとなると

やはりお勧めは歩道ですね。

歩道であれば、帰宅もいち早く帰路につけます。

 

また、JR使う方は逗子駅から電車に乗ると混雑は目に見えています。

帰りは一つ先の東逗子までバスで行けば帰りの混雑は比較的避けられますよ。

 

こんな方もいらっしゃいます。

浪子不動の場所はこちら、混雑を避けられそうですね。^^

 

9月末の開催なので天候によっては浴衣より

もしかしたら秋物を羽織られて行かれても良いかもしれませんね。

 

 

まとめ

「逗子花火大会2019」に関してまとめさせて頂きましたが

いかがでしたか?

夏の終わりとあって、ちょっと寂しい気持ちになってしまいそうですが

2019年の夏を最後まで楽しんで過ごして下さいね。

 

ここまで読んで下さってありがとうございました。^^

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA